薬が乗っているスプーンと果物
笑顔の女性
考えている女性
色々な薬

ジネット35は多くの若い女性を中心に利用されていますが、ダイアン35のジェネリック医薬品でアジア人の体質に合っている低用量ピルです。避妊効果が高く、生理痛や生理不順・月経前症候群など様々な女性の悩みを改善していきます。そのほかには黄体ホルモンの成分である酢酸シプロテロンが、男性ホルモンからの影響を防止します。ニキビや多毛などは男性ホルモンが原因になっていることが多いですが、これらを抑制することができるので毛穴が小さくなり、キメの細かい美肌になります。

男性ホルモンが減少するとどんな効果があるのか

ジネット35はドイツの製薬会社が開発した低用量ピルのジェネリック医薬品であり、特に他の低用量ピルとの違いは副作用が少なく、体への負担が少ないということです。小柄なアジア人に向けて開発されているので、日本人女性のような体格でも副作用が出にくい仕様になっています。海外発の医薬品を服用すると、効き目が強く出てしまうという人にも向いている薬です。

ジネット35の有効成分には黄体ホルモンの酢酸シプロテロンが2mgと、卵胞ホルモンのエチニルエストラジオールが0.035mgが配合されています。海外で開発されている低用量ピルは体格が大きめである西洋人を対象として、開発されているので日本人には効果が強く出すぎてしまい副作用も懸念されていました。しかしジネット35はホルモン成分が抑えられているので、積極的に体への負担を軽減させています。

ジネット35は医薬品なので少なからず、吐き気などの副作用がありますがこれらの症状は2?3ヶ月もすればホルモンバランスが整い自然に消滅して行きます。このような低用量ピルですが、男性ホルモンを抑える効果もあるためニキビや多毛などを改善することができます。ニキビに関しては顔にできるものだけではなく、背中にできることも多く手が届かない割には人目につく部分なので気にしている女性はたくさんあります。背中ニキビができる原因も男性ホルモンが関係しており、過剰に分泌されるホルモンバランスの乱れになっています。ホルモンバランスの乱れは背中や顔にできるニキビ共に影響を及ぼし、もともと男性ホルモンが過剰に分泌される原因はほかにあります。

過剰なストレスや睡眠不足が続くことで緊張する状態が継続されるので、自律神経が乱れ始め交感神経が優位になるので起こります。ジネット35はニキビの原因となっている男性ホルモンを、体の中から抑える作用があるためニキビが軽減されます。また多毛で悩んでいる女性も多いですが、これも副腎で作られる男性ホルモンが原因で起こり、分泌の量が多ければ発症します。

これは生理痛や生理不順になることにも関わってきますが、頭頂部の髪の毛が抜けやすくなったりニキビができる傾向もあります。多毛症はもともと体質的なものもありますが、副腎・卵巣や脳下垂体に異常が生じステロイド剤などの薬剤の副作用も関わっています。乳腺や肺の病気が原因になっていることもありますが、多くの場合は男性ホルモンの関わりで起こります。生まれつきの多毛でも男性ホルモンが増えることに対して、ホルモンの量を調べる血液検査を行うこともできます。

ホルモンバランスが乱れると男性ホルモンが優位になり、大人のニキビができたり体毛が濃くなる原因となります。この状態では皮脂の分泌量が通常の男性ホルモンが多くない女性の2倍になるので、大きな違いが出てきます。男性には男性ホルモンが多いですが、女性に比べると肌のキメがあらく皮脂量も多いことが特徴です。それとは反対に女性の肌はキメが細かいですし、男性と同量の皮脂量は不必要になっています。そのため処理しきれずそれらが、次々と毛穴に詰まっていき酸化することによってニキビとなります。

ホルモンバランスの乱れが原因となり、ニキビができるメカニズムは男性ホルモンが影響していますが、ジネット35に配合されている黄体ホルモンが抑制してくれます。低用量ピルと併用してホルモンバランスの乱れを阻止する方法があり、ストレスや食事・睡眠や疲労などの日常生活にある要因を減らしてきます。ジネット35は先発医薬品のダイアン35のジェネリック医薬人になりますが、主要成分が同じなので高い効き目を期待することができます。1日1錠決まった時間帯に服用するだけで、これらの効果を発揮するのでとても手軽で女性にも人気があります。男性ホルモンを抑制するための服用であれば、飲み忘れなどの影響をあまり受けることがありません。

記事一覧
避妊ピルは通販で購入可能!購入する時は口コミと安全面をチェック

避妊ピルは現在若い女性を中心に使用している人が多いですが、これはいつでも好きな時や場所で買えるわけでななく特定の場所で入手することになります。特に国内で流通が認められている避妊ピルがあれば、認められていない海外で流通しているものもあります。国内で流通している物の中では医師の処方箋がなければ買うことが...

2020年06月21日
ダイアン35の効果は?子宮の入り口を狭くする!排卵日の調整をする事も可能?

低用量ピルであるダイアン35は、卵巣で作られる2つのホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンが配合されています。服用方法も簡単で1日1錠ずつ決まった時間に服用するだけで、様々な効果を発揮します。効果は服用することで排卵が起きにくくなり、子宮の入り口が狭くなり粘膜も変化するので、精子が子宮内に侵入し...

2020年06月17日
ジネット35ってどうやって手に入れるの?ネット通販が1つの購入方法

基本的に低用量ピルは婦人科などで診察をしてもらい、医師に処方箋を出してもらいます。そこから調剤薬局で低用量ピルを購入することができますが、ジネット35はダイアン35のジェネリック医薬品であり、国内ではまだ未承認であるため処方箋薬局での購入はできません。ジネット35はインドの製薬会社が製造販売している...

2020年06月15日
ジネット35の副作用は?低用量ピルでも吐き気を起こすこともある?

ジネット35は低用量ピルなので女性ホルモンの含有量が少ないため、副作用が少ないとされています。しかしあくまでも薬なので、副作用がゼロというわけではなく飲み始めの2?3週は、特に吐き気や乳房の張り・頭痛などが起こることがあります。これは女性ホルモンが不安定になることで起こるので、服用し続けることでホル...

2020年06月13日