• ホーム
  • ダイアン35の効果は?子宮の入り口を狭くする!排卵日の調整をする事も可能?

ダイアン35の効果は?子宮の入り口を狭くする!排卵日の調整をする事も可能?

笑顔の女性たち

低用量ピルであるダイアン35は、卵巣で作られる2つのホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンが配合されています。服用方法も簡単で1日1錠ずつ決まった時間に服用するだけで、様々な効果を発揮します。効果は服用することで排卵が起きにくくなり、子宮の入り口が狭くなり粘膜も変化するので、精子が子宮内に侵入しにくくなります。もし排卵してしまったとしてもダイアン35を継続服用することで、子宮内膜も薄くなっており受精卵が着床しにくくなっています。

この方法からダイアン35を正しく服用すれば、100%くらいの確率で避妊効果があるのはこのためです。ダイアン35は経口避妊薬として多くの女性に服用されていますが、そのほかにも生理痛や生理不順・子宮内膜症など様々な女性の悩みを解決してくれます。エストロゲンとプロゲステロンの2つの女性ホルモンに似た成分が配合されているので、女性の体の中でこの2つのホルモン量が上昇したり下降して行きます。これにより排卵・妊娠や生理をコントロールすることができますし、特に排卵については女性ホルモンの量が指標になっています。

ダイアン35を毎日1錠ずつ服用することで、脳が排卵した後の状態だと錯覚するので、体内で分泌されている女性ホルモンも一定量を保つことができます。これにより排卵をしない状態になるので、排卵抑制効果で避妊の役割を果たしています。この女性ホルモンを安定させている効果には、他の作用も発揮しており、生理不順やPMS・ニキビなどの改善もあり美肌効果が期待できます。ダイアン35は特にドイツの製薬会社で開発された薬ですが、小柄なアジア人でも使いやすいため、海外の薬はきつくて飲めないという人にはぴったりです。

ダイアン35は21錠のピルが1シートに並んでいますが、21日間ピルを1錠ずつ服用したら次の7日間は何も服用しません。この期間は休薬期間になりますが、消退出血と言われる生理よりも少ない量の出血があります。排卵がされていないですし子宮内膜も厚くなっていないことから、少量の出血で短期間のうちに終了します。必ずこの休薬期間中に消退出血があるので、イベントごとなどはこの日を避けて予定を立てるなどができます。このようにダイアン35は避妊効果を始め、生理痛や生理不順・子宮内膜症などに対する様々な良い効果がありますが、日本人女性の体質にもあっている優れた経口避妊薬になっています。

関連記事
避妊ピルは通販で購入可能!購入する時は口コミと安全面をチェック 2020年06月21日

避妊ピルは現在若い女性を中心に使用している人が多いですが、これはいつでも好きな時や場所で買えるわけでななく特定の場所で入手することになります。特に国内で流通が認められている避妊ピルがあれば、認められていない海外で流通しているものもあります。国内で流通している物の中では医師の処方箋がなければ買うことが...

ジネット35ってどうやって手に入れるの?ネット通販が1つの購入方法 2020年06月15日

基本的に低用量ピルは婦人科などで診察をしてもらい、医師に処方箋を出してもらいます。そこから調剤薬局で低用量ピルを購入することができますが、ジネット35はダイアン35のジェネリック医薬品であり、国内ではまだ未承認であるため処方箋薬局での購入はできません。ジネット35はインドの製薬会社が製造販売している...

ジネット35の副作用は?低用量ピルでも吐き気を起こすこともある? 2020年06月13日

ジネット35は低用量ピルなので女性ホルモンの含有量が少ないため、副作用が少ないとされています。しかしあくまでも薬なので、副作用がゼロというわけではなく飲み始めの2?3週は、特に吐き気や乳房の張り・頭痛などが起こることがあります。これは女性ホルモンが不安定になることで起こるので、服用し続けることでホル...